子どもが欲しいからと妊活に励んでいるカップルは少なくありません。
妊活の方法にはいろいろありますが、妊娠しやすい体を作ることも大切な要素です。

妊娠しやすい体を作るためには、適度な運動や体を冷やさないなど日ごろの生活習慣に気を配ることが重要です。
また、葉酸や鉄分、カルシウム、亜鉛、ビタミンB12などの必要な栄養をしっかり摂る必要もあります。

妊娠のために女性が必要な栄養素

妊娠するためや妊娠後の胎児の成長を促すためにこれらの栄養素が必要なのですが、女性と男性とでは必要な栄養素が異なるものもあります。
まず女性に必要な栄養素として挙げられるのが、葉酸です。
葉酸はビタミンB群に分類される栄養素で、血液の作成の他、DNAやたんぱく質の合成を行ないます。
胎児の脳や脊髄になる器官である神経管は妊娠初期に形成されますが、この時に葉酸が必要となります。
葉酸が不足すると奇形や運動障害、まひなどの神経管閉鎖障害のリスクが高まってしまう恐れがあります。
葉酸は妊活だけでなく、妊娠中にも必須な栄養素といえます。

ビタミンB12もビタミンB群に分類され、血液を作るほかたんぱく質やアミノ酸、DNAの合成を行ないますし、鉄分は全身に酸素を運ぶ血液中のヘモグロビンの生成に不可欠です。
鉄分は貧血改善に必要な栄養とされますが、貧血の人は体が冷えやすいので鉄分をしっかり摂ることで貧血が改善されて妊娠しやすい体になることができます。
必須栄養素ではないのですが、大豆イソフラボンは体内で女性ホルモンと似た働きをするので摂取することでホルモンのバランスを整えてくれることでしょう。

妊娠のために男性が必要な栄養素

妊活男性に有効な栄養素として最初に挙げられるのが、亜鉛です。
亜鉛は精子を作るために不可欠で、亜鉛不足では精子の数が減るだけではなく運動性も低下してしまいます。
日常の食事で亜鉛をしっかり摂るのはなかなか難しいので、意識して摂るようにしなければならないでしょう。
亜鉛は特に男性に必要なのですが女性にも重要なので、夫婦そろって摂取することをおすすめします。

アミノ酸の一種であるアルギニンは豚肉や鶏肉、魚介類などの動物性の食品にたくさん含まれており、男性機能を高め、精子の質や量をアップしてくれます。
また、魚にたくさん含まれるDHAやEPAは精子の運動性を高めてくれます。

食事で不足しがちな栄養をサプリで摂取

これら以外にもいろいろな食品を食べることでそれぞれの栄養を摂ることができるわけですが、毎日の食事で十分な栄養素を摂取するのは難しいのが実情ではないでしょうか。
栄養素の中には加熱によって破壊されるものも少なくなく、その栄養素を豊富に含む食材を食べても実際に体内に摂取できる量は限られてしまいます。
したがって、不足する栄養素はサプリメントで補うことをおすすめします。
サプリメントなら手軽に必要な栄養素を摂ることができます。
実際に「妊活サプリ」といった妊娠するためや妊娠中に摂取するのが好ましい栄養素がしっかり摂れるサプリもたくさんあります。

サプリを摂取する際にはこんな点に注意

ただしサプリは健康食品です。
効果が科学的に実証されている医薬品とは異なり、あくまでも栄養を補助するものなのです。
したがって、日常生活においてのバランスの良い食事と規則正しい生活、そして適度な運動に加えて、不足する栄養をサプリで補うという認識を持つべきでしょう。
生活習慣や食習慣に乱れがあれば、いくら妊活サプリを摂ったからといってもすぐ妊娠に結びつくわけではないのです。
また、妊娠したからサプリの摂取をやめる人もいるようですが、妊活サプリは妊娠中から出産、さらには授乳期までの必要な栄養素を含んでいるので、出産後もしばらくは続けることをおすすめします。

妊活サプリをしばらく摂取しても妊娠しない場合には、不妊症も考えられるため、医療機関で検査をしてもらうといいでしょう。
そのうえで不妊症と診断されたなら、治療が必要となります。